スポンサーリンク

メデジンに来る前に知っておきたい事

コロンビア

コロンビアにきて1年近くたちました。

幸い危険な目には一度もあってはいませんが、残念な事にコロンビアはとても安全な国とは言えません。

南米を旅しているバックパッカーさんはとても多いようですが、南米はとても大きい国でそれぞれに個性があります。

「南米を旅行する際はなるべく強盗にあわないように、貧乏に見えるような服装をしましょう」みたいなアドバイスも見かけますが果たしてそのアドバイスは適切でしょうか?

今日はコロンビア(メデジン)に訪れる際の注意点の一部をまとめて行きたいと思います。

 

メデジンはおしゃれな街

コロンビアは南米の中でも外見をとても気にする国と言えます。

特にメデジンはファッションの街と言われるほど。

身だしなみにもとても気をつけている人が多く、ネイルサロンは性別問わずいつも賑わっています。

そんなおしゃれな街なので、よれよれのTシャツとサンダルといったような格好はとても目立ちます。

現地の人で一番よく見かけるのはジーパンにスニーカー。

スニーカーのデザインにこだわる方も多い印象です。

お金持ちエリアに行くとヒールやブーツを履いている女性もよく見かけます。

ビーチサンダルやハーフパンツのようなリラックスした服装はポブラドエリアでよく見かけますが、ほとんどが外国人観光客です。

現地に人と同化して強盗から目立たないようにするためにも、メデジンの街歩きではジーパンスニーカーで過ごす事をおすすめします。

 

日本人はお金持ち

コロンビア人はとても気さくで優しいですが、結構ちゃっかりしている人も多く、私は何度かぼったくりにあいかけました。

EXITOなどの大きなスーパーマーケットでは経験はありませんが、クレジットカードが使えないような路面店で買い物をすると、商品についている値札より多い金額を請求される事がよくあります。

指摘すると「あれ?気づかなかった〜」としらばっくれます。

レジに持って行く前に値段をしっかり確認する事と、もらったお釣りがあっているかはその場でしっかり確認してください。

お釣りをもらったら居場所を変えずにその場で金額を確認し、合っていたら財布に収めてその財布をカバンにしまった後に立ち去りましょう。

後ろから「早くしろ」と急かしてくる人はほぼいないと思います。

ぼられてもそのまま黙っていると、アジア人はボッても何も言ってこないと学習してしまいます。

次の旅行者のためにもしっかり指摘しましょう。

 

パートナーの友人にも「コロンビアで10年は住めるくらいのお金は持ってるんでしょ?」とか「両親が日本で働いているなら遺産で遊んで暮らせるね」と言ってくる人は少なくありません。

漠然と「日本人はお金を持っている」というイメージを持っているコロンビア人は多いという事を頭に留めておいてください。

 

コムナ13は要注意

有名な観光地コムナ13ですが、最近麻薬抗争が激しくなりつつあります。

もともと治安がよくない地域なだけあって、今日も女性の死体が見つかり、昨日は23歳の若者が殺されたそうです。

事件は麻薬組織内や身内でのトラブルがほとんどですが、巻き込まれる可能性も十分にあるので、行く人は覚悟して向かってください。

ちなみに私はまだ死ぬ覚悟ができていないので一度も行った事がありません。笑

 

車のドアは静かに閉める

日本だと車に乗った際、半ドアにならない用バタンと閉めますよね。

しかしこちらではバタンと閉めるのはご法度。とても失礼な行為にあたります。

移動にタクシーやウーバーを使用する機会が多いと思いますが、ドアをしめる時は勢いをつけないよう気をつけて静かに閉めましょう。

 

中心街は危険エリア

中心街と聞くと栄えており観光客がたくさんいるイメージですが、メデジンのセントロにあたるエリアは窃盗事件がとても頻繁に起きており治安がよくありません。

現地の人ですら気を引き締めて向かう場所、それがメデジンのセントロです。

中心街近くで、宿が安いとなると飛びつきたくなるでしょうが、宿泊は少し離れていたとしてもポブラドエリアをおすすめします。

 

用がないお店にはフラッと入らない方がいいかも・・・?

ここにきて結構ストレスなのが、店に入った途端に店員さんが飛んでくる事です。

日本にいた頃は買うものはなくても暇つぶしにお店に入って何も買わずに出る事がよくありましたが、こちらではそれがあまりできません。

入店したら必ず何かを買わなければいけないというルールはありませんが、お店入る=目的があると解釈されるため、こちらが「これを探している」と言うまでピッタリと横について待っています。

何も買わずに店を後にすると、とても嫌な顔をされる事もあるので、断れない日本人はコロンビアのウインドウショッピングはあまり向いていないかもしれません笑

ちなみに肘を反対の手のひらで叩く仕草はコロンビア特有のジェスチャーで「ケチ」という意味があるので念のため覚えておきましょう笑

私は何も買わずにお店を出る時は、何かしら言い訳をするか、少なくとも大きな声でお礼を言ってから店を出るようにしています。

 

終わりに

旅行の際の防犯対策については以前ブログを書きましたが、今日はコロンビアのメデジンに特化した対策についてまとめてみました。

郷に入っては郷に従うという言葉もある通り、旅行先の文化や常識を知っておく事は礼儀でもあり大切な事です。

楽しい旅行を台無しにしないためにも旅先の事はしっかり調べてから渡航しましょうね!

コメント