スポンサーリンク

人手不足の収穫期。コロンビアコーヒーに襲いかかるパンデミック: コーヒー記事和訳

コーヒー

今回の記事はAFPから2020年5月22日に出された記事です。

パンデミック渦中のコロンビアのコーヒー農家、人手不足、市場価格の低迷について書かれています。

元記事↓

動画はこちら↓

Una cosecha a pocas manos, la pandemia alcanza al café de Colombia | AFP

AFPの記事が見れない場合はこちら↓

Cosecha a pocas manos, la pandemia alcanza al café
“Qué nos ganamos con que esté a buen precio el café si no se está pudiendo coger”, dicen caficultores

人手不足の収穫期。コロンビアコーヒーに襲いかかるパンデミック

2020年5月21日キンディオ県ラテバイダのコーヒー栽培

コロンビアのコーヒー農家達は、コーヒーチェリーの一部が木に残ってしまう事を恐れている。

パンデミックに対する封じ込め対策は、コーヒーピッカーが世界一マイルドなコーヒーが採れる地域へ移動することの妨げとなった。

コーヒー農家たちは、米ドルに対してコロンビアペソが下落することにより、収入がやや増えた事に熱狂した。

去年の中頃までは、ニューヨーク証券取引所によって定められるコーヒー価格の低迷に苦しんでいた。

生産量の91%は国外で販売されている。

しかし「それは心から喜べるものではありません。人手が足りていないのです。」グスタボ・エチェベリは言う。

「高い人件費を少ししかいない労働者に払い、コーヒーも摘みきれない。コーヒーの価格が上がったところで何を得られるでしょうか。」

リサラルダ県の51歳のコーヒー生産者はAFPにそう語った。

コロンビアの西に位置する彼の農園には60人のコーヒーピッカーが必要だが、40人しか集めることが出来なかった。

コロンビアはブラジル、ベトナムに続く世界第3位の生産国で、マイルドさは世界一だ。

この時期、コロンビア中心部では小収穫期を迎えているが、大きな農園ではすでに人手不足に苦しんでいる。

もし外出禁止令が後半期以降まで延長されれば、10月から12月の大規模な収穫期に人手が足りなくなってしまう。

コーヒーチェリーが収穫されずに地面に落ちると、コーヒーの最大の敵の一つである害虫を呼び寄せる原因となる。

「今の様なコーヒー価格の上昇が一時的なものではないことを願います。」エチェベリは嘆く。

 

農園内での衛生

コロンビア生産者連合会の代表であるロベルト・べレスは「現在の労働者不足は、プロのコーヒーピッカーではなく、この閉ざされた状況で仕事を失った人で補われています」と語った。

初めのコロナウイルス感染者が確認された2週間後の3月24日から外出禁止令を課したコロンビアは、感染者18000人、死者650人が確認されている。

 

コロンビア生産者組合は、現在の優先事項は労働者の健康であると断言している。

マスクの使用、手洗い、ブーツの消毒、作業中のソーシャルディスタンス、これらは新たなルーティーンだ。

キンディオ県のラモレリア農園の管理者であるエステバン・セロンは、衛生上の対策はとられているが、労働者はそれに慣れていないと語る。

「常に忘れないように呼びかけないといけないのです。」

 

いい価格?

コロンビアコーヒーは約54万もの家族を支えている。

それはラテンアメリカ4番目の経済国にとって、コロナウイルスの影響で減少している石油と鉱業に次ぐ、輸出の上で重要な部門のひとつである。

2019年に1ポンド1ドル未満の安価に達したコーヒーの国際価格は、今年平均1.07米ドルまで回復した。

コロンビアは品質の良さから最大50セントの特別手当まで受け取った。

しかしながら、現在の価格は1983年(1,40米ドル/lb)よりも低い。

Café for changeのフェルナンド・モラレスデラクルスは回想する。

「1ポンドの生豆で55杯のコーヒーができる。生産者はヨーロッパのコーヒー1杯につき1%以下の利益しか受け取っていない」と説明した。

「値下がったペソでコーヒーを売ることは誤った幻想です。」と貧しい地域の農民を報うため模索しているベンチャー組織の創業者は断言した。

 

自粛中の輸出

国際コーヒー機関(ICO)によると、世界の外出先でのコーヒー消費量は、ウイルスの影響でオフィスやカフェ、レストランが閉まっているため減少傾向にある。

パンデミックの初期はスーパーマーケットでの購入が増加したが、それが消費を維持する可能性は低い。

その上、「物流上に問題が発生しました。生産者と農協、農協と脱穀場、脱穀場と積み込み、そして船の遅延がありました。」コロンビア連合会の代表は述べた。

コロンビア生産者連合会は4月、28%の生産量と32%の輸出量の減少を発表した。

「大量のコーヒーが5月、6月、7月に輸出されます。年末には2019年の14,800,000袋の記録に程遠くはない量になるでしょう」と確信している。

ヴィジャタティアナ農園のホセ・ルイスは「我々は今の現状と共生していかなければいけません。現実に背を向ける事はできないのです。」と肩を落とした。

コメント

  1. […] […]